YouTubeで稼ぐ方法やYouTube動画の制作ノウハウを上島秀夫が公開してれいます。

Youtube 動画研究所

動画編集ソフトについて

VIDEOPADを使って動画を作る方法について【超初級 動画編集ソフトの導入からの基礎知識】

VIDEOPADなどの動画編集ソフトの基本

 

まず VIDEOPADだけに限らず ほぼどの動画編集ソフトも基本構造は同じです。

タイムラインに動画を加えて 必要に応じて文字や音楽、エフェクト効果を入れて全てを合成して出力するという事です。

ここで言う 合成というのは、自然と最後に出力すれば合成されます。

これは どの動画編集ソフトもほぼ同じです。

編集する動画ファイルを開いて

ここに動画を入れると、このように反映されます。

 

そして挿入したい所に挿入したいものを加える。

エフェクトをかけたい所にエフェクトを加えるという事が基本的な流れとなっています。

例えば切り取りしたいなと思えば 左クリックでなぞるだけです。

これで普通にハサミのマークとか出てきますので 分割やカットしたりする事が可能です。

分割というのは その部分だけに何かを加工したい場合などに使います。

削除はカットと同じですね。ゴミ箱マーク。

切り取りなどを選ぶと全部消えちゃいますし あんまり使いませんが画面の上にある ←のマークをクリックすれば元に戻るので まずは試しに全てのボタンをクリックしてみると どのように動くのか?が分かると思いますので試してみてください。

いつでも戻るボタンで戻せるので 色々なボタンを教えてみるとわかると思います。

 

動画の場合、撮影対象によりますけども いちいち失敗したからと言って撮り直しすると面倒です。

そのまま遠しで撮影を終えた後に最後に編集でカットして繋げれば良いのです。

基本的には、動画の編集は、拘ればキリがありませんが まず最初は 余計なものをカットする事と文字を加える、音楽や効果音を加えたりエフェクト モザイク処理なども含む事ができれば だいたいの加工は完了します。

どの動画編集ソフトも基本は同じです。

ブログで文章にリンクを入れたり、文字を大きくしたり 色を変えたりすることと殆ど同じ事ですので 是非挑戦してみてください。

それでは上島でした。

 

-動画編集ソフトについて
-,

Copyright© Youtube 動画研究所 , 2020 All Rights Reserved.